法政大学

総合情報センター所長 小沢 和浩

 法政大学総合情報センターは1997年に市ヶ谷、多摩、小金井の各キャンパスの情報センターを統合する形で設立されました。当時、別々に運営されていた各キャンパスの情報センターを結びつけたのは、インターネットへの接続と各キャンパス間のWANの整備や学内LANなど情報インフラの統一的な整備がきっかけです。その後何度かのネットワークインフラの整備事業を通じて、現在では専用広帯域回線によりインターネットへ接続し、また学内においても高速で大容量なデータ送受信を実現しています。今利用者にとってネットワークはあって当たり前の時代となり、情報センターにはさらに高度化したセキュリティ対策やシステムの安定稼働が求められています。
 我々にとって大学情報サミットから得られる技術的なノウハウや多くの運用経験によって裏付けされた知識は大変貴重なものです。加盟大学の人的ネットワークや情報の共有を通じて、さらに洗練された情報サービスの提供と運用技術の向上に法政大学も貢献できればと考えています。