慶應義塾大学

インフォメーションテクノロジーセンター所長
赤木 完爾

 情報技術の進歩とともに、研究・教育の場における情報ニーズも、年々多様化・高度化してきています。個々の大学だけで、こうした複雑化する情報ニーズに適切に対応することは困難になってきております。各大学の情報部門が、個別に活動するのではなく、複数の大学が連携して、情報ニーズにこたえていくことが、利用者の満足を得るためにも必要な時代となりました。
 大学情報サミットは、慶應義塾にとってこの「連携の場」となっており、複数の大学が連携して、共通サービスや、セキュリティ向上策の検討を行うことで、よりよいサービス提供が可能となります。また、大学情報サミットは、「学びの場」としても重要な役割を持っています。参加大学それぞれの情報技術の研究、教育、コミュニケーション、マネジメントに関するユニークで革新的な取り組みと、そこから得られた知見を相互に学びあうことで、利用者へのサービス向上に活かしたいと考えております。
  この大学情報サミットが、参加大学にとって重要な「連携の場」、「学びの場」となり、さらなる飛躍の場になるように期待しております。