立教大学

枝元一之

立教大学メディアセンター長
枝元 一之

 現代の大学において、情報システム部門の担う業務は、研究・教育の死活を握るものとして、電気・水道と同等のライフラインです。しかし、大学に勤める者の多くは、インターネット等の情報サービスは空気や水と同様そこにあるのが当然、うまく動いて当然と思っており、これらのシステムが膨大な努力の結果維持されていることを知りません。
電気・水道と大きく異なるところは、その基盤はハード・ソフト両面で急激な進歩の中にあり、そのキャッチアップが大学の死命を制するという点にあります。このような状況下、今後大学としてどのような情報システムを構築していけばよいかについて参考とすべきモデルは皆無であり、各大学とも手探りで最良と思われる道を探るしかありません。
「大学情報サミット」は、現代の大学の情報システム部門が抱える、まさにこのような悩みや課題を共有するための貴重な場であると考えています。また、各大学固有の知識やノウハウに関する情報交換は、サービスの向上や業務改善に大きく寄与するでしょう。立教大学も、各大学が抱える前例なき課題への最良の取り組みを目指して、「大学情報サミット」の運営に貢献していく所存です。