第3回大学情報サミット大会 講演者プロフィール

【西河 敦(にしかわ あつし)】

西川
株式会社オリンパス 執行役員

略歴:
1975年 慶應義塾大学・商学部 卒業
同年 日本生命保険相互会社入社
主に資産運用部門にて、財務企画、国際投資、
資金債券運用、融資総務などを担当
2005年 オリンパス株式会社入社
プロジェクトリーダーとしてERPシステムの導入を担当
現在 執行役員・IT統括本部長

基調講演
 「『山を越えて中原に出よう!』オリンパスのIT改革

(PDF約3.5MB)
オリンパス株式会社では、2002年から2007年までの5年の歳月をかけて、ERP(Enterprise Resource Planning)システムの導入を完成させた。現在は、2006年 に立案した中期計画を推進している。
本基調講演では、オリンパスで実践したERP導入のプロセスを振り返りながら、 長期にわたるシステム導入を成功させるための重要なポイントや、プロジェクト リーダーとスタッフの役割、そして、険しい道を経てひとつの「山」を越えた今、 IT部門は今後どうなっていくべきか、という展望について、現在取り組んでいる中長期計画の目指すところを視野に入れて講演する。

 

【村井 純(むらい じゅん)】

murai
慶應義塾 常任理事
慶應義塾大学 環境情報学部教授 兼 政策・メディア研究科委員

略歴:
1955年生まれ。
1984年 慶應義塾大学大学院工学研究科後期博士課程修了
1984年 東京工業大学総合情報処理センター助手
1987年 東京大学大型計算機センター助手
1990年 慶應義塾大学環境情報学部助教授
1997年 同教授
1999-2005年 慶應義塾大学SFC研究所所長
2005年 学校法人慶應義塾常任理事

1984年 国内のインターネットの祖となった日本の大学間ネットワーク「JUNET」を設立
1988年 インターネットに関する研究プロジェクト「WIDEプロジェクト」を設立し、今日までその代表として指導にあたる。

内閣官房 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部( IT 戦略本部)有識者本部員、 内閣官房 情報セキュリティセンター 情報セキュリティ政策会議 委員、 その他、各省庁委員会の主査や委員などを多数務め、国際学会などでも活動する。

開催校代表者講演
「グローバル情報社会における大学の役割」

経済・医療・教育などあらゆる分野において、グローバル情報社会への新しい挑戦
が始まっている。国と国とが繋がる国際社会のグローバルの形成には、国境を越え
てつながるアカデミズムとしての大学の守備範囲は広い。情報基盤により情報社会
を先導し連携する大学の役割を議論する。