立教大学

木村忠正

立教大学メディアセンター長
木村 忠正

立教大学メディアセンターは、高度情報化に適応した教育・研究の支援のために、大学全体のICT環境を整備・運用・更新する組織です。
ICTの革新は日進月歩、秒進分歩であり、それとともにメディアセンターの業務領域も複雑に拡張しています。このような業務の質的・量的変化に対応するため、スタッフは新しいテクノロジーに関する知見や技能を習得しながら業務に活用できるよう日々研鑽を積んでいます。
他方、以前より展開・提供しているサービスの安定的な運用も怠るわけにはいきません。ICTは大学の教育・研究を遂行する上で不可欠なインフラであり、日々発生するインシデントに対応し、問題が発生した場合には迅速にその原因を究明、再発防止に努めていく必要があります。その意味で、メディアセンターは保守と革新という相反する性質の業務を同時に遂行するという、極めて重大な責務を課せられていると言えるでしょう。
しかしながら、予算や人的資源には限界があり、その制約の下で如何に利用者の利便性を担保しながらサービスを提供していくのか各大学も頭を悩ませているのではないでしょうか。
大学情報サミットは、まさにこのような悩みや課題解決に向けた交流の場として、有効な機能を果たしていると言えるでしょう。このような交流を通じて得られた知識を業務にフィードバックしていくことは、教育・研究機能の充実にもつながり、ひいては日本の高等教育の質的向上に寄与するものと考えます。本学も大学情報サミットへの積極的な参加により、微力ながらも日本の諸大学が一層先進的に発展していくために貢献していく所存です。